Enter the query to search in posts. Thanks to Mirza for this useful search script.

木曜日, 4月 24th, 2014 ↓

中韓が歴史共同研究 確信犯で嘘の主張押し通そうとするつもり│NEWSポストセブン →

SAPIOの記事だけど、これは正論w>>

Comments (View)

“「中国の大学で歴史を学ぶのは文学部史学科ではなく政治学部。中国では歴史は政治宣伝のためのもので、歴史学の上に党の方針があるのです。そういう相手と共同研究をすること自体がナンセンス」”

—異論なし(-_-;)…。>>
Comments (View)

“確信犯で嘘の主張を押し通そうとするわけだ。最初から「結論ありき」なのは中国も同様。”

Comments (View)

“オフレコでは『そんなもの誰も信じていませんよ』と軽口を叩く。しかし、記録が残る場では絶対にそんな発言はしない。対日的な場での言論の自由がない国なんです」”

Comments (View)

“本当は彼らもわかっているんです。朝鮮戦争やベトナム戦争の時に韓国軍に慰安婦がいたのも知っているし、韓国では“史実”として扱われている5000年前の朝鮮民族の始祖とされる檀君についても、”

Comments (View)

“ところが劣勢を自覚してなのか、韓国側は途中から歴史学者ではないフェミニズム運動の女性研究者を送り込んできて、問題を女性の人権問題にすり替えようとしてきました。”

Comments (View)

“「韓国の教科書には最新の研究では否定されていることが平気で書いてありますから、当然、研究者同士が歴史事実について議論すれば日本側が優勢になります。”

Comments (View)

ウクライナで軍事技術流出の危機中国が早くも触手伸ばす|小泉 悠:JBpress →

Comments (View)

“いずれにせよ、ウクライナの軍需産業が持つポテンシャルを軽視せず、ソ連時代の技術遺産が「身売り」されるような事態を防ぐことを日本の安全保障という観点から是非検討すべきであると考える。”

Comments (View)

“そこで懸念されるのが、技術流出である。最近の報道によるとユージュマッシュ設計局は早くもトルコや中国と接触しているとされ、機微なロケット/ミサイル技術が流出することになりかねない。”

Comments (View)

“内需(ウクライナ軍をはじめとする軍事組織)向けの生産だけではソ連から受け継いだ巨大な軍需産業を維持していくための仕事が確保できないのである。”

Comments (View)

“ウクライナは2000年代初頭頃からNATO加盟を公然と掲げ始めており、上記のような国防・安全保障上の重要分野をウクライナに握られていることは深刻な脅威と見なされるようになったためである。”

Comments (View)

“このような例は挙げていけば枚挙に暇がなく、ロシアの国防や産業にとって大きな障害となる可能性がある。”

Comments (View)

“報道によると、ウクライナからの支援が得られなくなったことですでにロシアではR-36M2の維持に問題が出始めていると伝えられ、ロシアの核抑止態勢を脅かす問題にまで発展しつつある。”

Comments (View)

“こうしたソ連時代のサプライチェーンはソ連崩壊後も簡単になくなってしまったわけではなく、依然としてロシアとウクライナの産業は密接に結びついている。”

Comments (View)